関節痛のサプリメントの選び方

たくさんのメーカーがサプリメント市場に参入しており、関節痛だけでも相当な種類があります。どんな選び方をすればいいでしょう。関節痛のサプリメントの選び方についてポイントをお教えします。関節痛に効果がある栄養成分としてよく知られているものが、ヒアルロン酸、コラーゲン、コンドロイチン、グルコサミンなどです。軟骨が被ったダメージを修復する作用がある成分が、グルコサミンとコンドロイチンであると言われています。グルコサミンだけのサプリメントよりも、コンドロチンと一緒になっているタイプのサプリメント商品が栄養成分の相乗効果が期待できるのでおすすめです。

 

関節痛の解消のためにサプリメントを使う場合、コンドロイチンとグルコサミンがどちらも入っているタイプがいいでしょう。グルコサミン1500mg、コンドロイチン1200mgが、関節痛の緩和のために効果が期待できると言われている1日の摂取量となります。関節痛のサプリメントの選ぶ時に、栄養成分の1日の摂取量を基準に商品を選びましょう。サプリメントは成分を記載しなければならないことになっていますが、分量の表記は決まっていません。商品によっては、成分量は書いてないようです。すり減ってしまった軟骨成分を補給する為に、サプリメントを購入する場合には注意が必要です。サプリメントを買う時には、関節痛に効果がある成分が間違いなく配合されているかを確認することです。

 

 

 

 

 

関節痛に役立つサプリメントの成分について

関節痛に効果があるというサプリメントは、どんな成分が含まれているでしょう。関節痛は軟骨のすり減りが原因であり、軟骨成分の補給が必要です。すり減ってしまった軟骨を回復する為に、軟骨の成分をサプリメントによって摂取している人が多いようです。軟骨を構成する成分は様々なものがありますが、主要な成分を配合したサプリメントが特に注目されています。関節痛のサプリメントは、ドラッグストアだけでなく通販ショップでもよく売れています。

 

関節痛にいいサプリメントとして関心が高いのは、グルコサミンのサプリメントのようです。エビやカニなどの甲殻類に含まれるアミノ酸の一種です。私たちの体内にも存在する栄養成分で、軟骨の柔軟性や弾力を保つ為には必要な成分です。コンドロイチンも、軟骨の含まれる主要な成分の一つです。多くの人がサプリメントでコンドロイチンを取り入れることで関節痛対策を行っています。健康な軟骨をつくる意味もあります。関節痛のサプリメント商品として販売されています。

 

美容に役立つ成分としも良く聞くコラーゲンとヒアルロン酸は多くの人が知っている栄養成分です。コラーゲンは、多くの人が知っている栄養素です。保水力が強いことがコラーゲンの特徴です。細かな網目状の物質で、細胞同士を繋ぎ合わせ、水分を保って弾力を維持してくれます。ヒアルロン酸は、関節の潤滑成分と言われるもので、細胞と細胞をつなぎ合わせる物質です。関節痛に効果的な成分を効率的に摂取するために、サプリメントが役立ちます。

 

 

関節痛の時にはサプリメント

sapri300関節痛のために、階段を使うと膝への負担が大きいという人は少なくありません。サプリメントで関節痛の改善を図ろうとする人がいます。サプリメントによって栄養を補給すれば関節痛の改善を期待することができるのでしょうか。

 

関節痛は、関節のでき方に関係しています。関節には軟骨という部分があり、関節の動きをなめらかにしています。軟骨が柔らかいクッションの役割をしていて、骨と骨があたったりしないようにしてくれています。軟骨は、激しい運動をしたり、加齢による影響などで、少しずつ磨り減ってその量を減らしていきます。肘や膝などの関節部分で軟骨が少なくなると、関節の曲げ伸ばしに際して傷みが出るようになります。

 

関節痛が中高年以上の人に多いというのは、加齢によってこの軟骨が磨り減ってしたために起こるからです。関節痛の痛みを緩和するためには、緩衝材として機能していた軟骨の代わりになる成分を摂取する必要があります。軟骨を形成している成分を、サプリメントで効率的に摂取することができると言われています。関節が痛いのは、軟骨が磨り減ってクッションの役割ができなくなった為です。関節部分の軟骨が減ったことが、関節痛の痛みに関わっています。そのため、関節痛を解消するには、サプリメントの活用が効果的です。

 

 

 

変形性関節症の症状

変形性関節症は国内でも700万人はいると言われる疾患で、年だからとあきらめたり、我慢する人が多いようですが、確かに中高年の女性に多く見られます。

60歳以上になると、80%以上の人の膝、肘、股関節と脊椎になんらか症状が見られます。

変形性関節症は慢性の関節炎を伴う関節疾患で、関節の構成部分が年とともに退行し、骨と軟骨の潤滑が悪くなって、きしむような感じになり、その結果として関節炎の症状が出てきます。

変形性関節症の症状は、初期段階で階段の上り下りや歩き始めに痛みを覚える、正座やしゃがむ姿勢がつらくなる、などです・・・身に覚えはないですか?

これぐらいのときになにかの予防策で気をつけているとその後が違うようですが、
変形性関節症の症状が進行すると、朝起きたときに膝がこわばる、
関節が炎症を起こす、膝に水がたまるなどの症状が出てきます。

さらに進行すると、ちょっと体を動かしただけで激しい痛みが生じ、
歩行が困難になり、膝の痛みがとれなくなってしまう場合もありますから、
軽視しないで、初期症状が出たら我慢しすぎずに、変形性関節症かも?と医師に相談するといいでしょう。

 

 

変形性関節症の原因

変形性関節症の原因は簡単に言うと、「年を取って体に潤滑がなくなる」ということでしょうか。

初期症状としては、立つときにちょっとした痛みが走ったりしますが、
このときは関節軟骨が痛んでいるようです。

それが、だんだん関節軟骨の磨耗、半月板の断裂、靭帯の損傷、障害などが重なることによって、
関節炎、そして水が溜まる膝関節症になるようです。

変形性関節症の原因には、中高年になってから若いころと同じように運動するというのも良くないそうです。

「まずは気合だ!」などと無理はしないほうがいいですね。

身近に防止できることは、やはりここでも「肥満」はいけないようです。

肥満になると、とくに膝関節への負担が大きくなります。

なかなかできませんが「毎日少し歩く」のがいいでしょうね。

適度な運動で体重も減るし、膝の筋力もつきます。

激しい労働、長時間の正座も変形性関節症の原因となりやすいようです。

激しいスポーツも良くないのですが、水泳や自転車は長時間でなければ良いようです。

水泳は全身を水の中でスムーズに動かすことのできる、まさに変形性関節症の良い予防法ですね!

 

 

膝痛の原因

膝痛の原因は、外的なものと内的なものがあるようです。

偏平足、外反母趾など、もともとの体の物理的な不具合から起こってくるもの。

重労働やスポーツをすることが影響してなるもの、
そして、慢性関節リウマチのように、体の他の臓器障害が原因で起こる場合もあります。

中高年からの特に女性に多い症状らしいですが、国内で1000万人の人が
膝痛で悩んでいるといいますから、無視できないですね。

特に日々の生活に気をつけることで、膝痛なりにくくなる、予防できることもあるようですから、
まずはどんな原因で膝痛になるのか、しっかりと知っておきたいところです。

私たちに身近な膝痛の原因は、生活習慣や肥満などが上げられるでしょう。

肥満というのはなににしても体に負担をかけるようです、気をつけなければ。

毎日30分のウォーキングでも効果があるかもしれません。

肥満解消にも効果があるでしょうし、足を動かすことで膝まわりの筋肉が鍛えられます。

膝に負担をかける職業、運動をしている方は、膝痛になりやすいようです。

現在、ほとんどの道路がアスファルトですから、そこをジョギングするというのも
膝の健康にとっては良くないことかもしれません。

膝痛は特に中高年になってきて症状が出やすいみたいですから、
おかしいなと思ったら気をつけて、症状が悪化しないうちに、
病院で受診するのも、膝痛の予防になるでしょう。

 

 

膝痛の改善策

running300膝痛は、なった人、なったときの体の状態によって改善策は違ってきます。

ランナー膝と言われるスポーツ障害で膝痛になったときは、無理せず早めに運動を切り上げて、少し休んでも症状が改善しないときは、早めに医師に相談するほうがいいでしょう。

肥満はどんな病気に対しても問題の要因になることが多いですが、肥満によって、歩くときに膝に大きな負担をかけてしまい、それが膝痛につながることは少なくありません。

ですから、肥満にならないように気をつけること、食事の量をコントロールする、毎日少しずつの軽い運動から始めて、膝を動かして筋肉をつけることで改善していきます。

加齢による膝痛の場合は、さまざまな原因が元で起こりますので、
薬物療法、温熱・冷却療法、運動療法などを
症状に合わせてしてあげることが必要です。

安静にしすぎるのも、膝の健康のためには悪いようですから、
痛みが取れたら、屈伸したり、歩いたりして膝を動かし、
膝の回りに筋肉をつけてあげると膝痛の改善策となります。

膝を支える太ももの筋肉を鍛えてあげるのが膝痛には効果的なようです。

自宅でもちょっとしたことでできますから実践してみましょう。

「足の上げ下げ」やどこかにつかまりながら「足踏み」をすることで
太ももの筋肉を鍛えると、膝痛の改善に役立つようです。

難しくないですね!毎日少しずつ取り入れたい運動です。

 

 

膝痛と生活

膝痛になり出したら、日々の生活に気をつけたいですね。

膝痛の症状が悪化してくると、無理して動かなくなります。

これがさらに膝痛の症状を悪化させてしまうでしょう。

動かないでもよく食べると、カロリーを消費しないので肥満になりやすくなります。

肥満になると体を動かすときに膝に大きく負担をかける。

このことが、中高年を迎えたとき膝痛の原因になってしまうんですね。

日々の食事にも気をつけて、肥満にならないようにして、
ウォーキングするなどして予防に努めましょう。

膝痛になったからといって安静にしすぎることなく、痛みが取れたら、
少しずつ動かしてあげることが必要です。

そうすることによって痩せていた筋肉がついてきます。

膝に筋肉をつけて、毎日少しずつ運動するように努めれば、
ずいぶんと膝痛の症状は軽くなるようですよ。

「年だから・・・」となにもしないでいるのは、
ますます膝痛の症状を悪化させてしまいますから、気をつけたいですね。

運動には毎日少しずつでも歩くのがいいと思いますが、
歩くときに膝のことを考えてあげて、膝をつっぱって歩くのではなく、
上下にゆとりを持たせて、リズミカルに歩くようにしてみましょう。

 

 

半月板損傷の症状

膝の関節は、太ももからの骨と膝下の骨といわゆるお皿の骨から出来てますが、
足の骨の上と下をつなぐ繊維状の軟骨が半月板と呼ばれていて、
関節の安定感を良くし、太ももから上の体重をうまく受け止めて、
衝撃を吸収するクッションの役目をしています。

本当に人間の体ってうまく作られていますね。

その半月板が一部損傷した状態を半月板損傷といいます。

過度なスポーツで衝撃が加わったり、膝に変なひねりが入るとヒビが入ったり、
裂けたりすることもあります。

うさぎ跳びも要注意らしいですよ。

やはり、根性に任せたような体の扱いは、体のために良くないんですね。

膝がずきずき疼いたり(膝の疼痛)、水が溜まり大きく腫れたり(関節の腫脹)、
でこぼこ道を走っていたら急にガクッとなったりするとき(膝折れ現象)が、半月板損傷の症状と言えます。

また、膝がきしみ音や振動などを伴うなど、半月板損傷が進むと、
膝内部の骨の表面が滑らかでなくなり、痛み、水が溜まるなどの症状が出てきます。

放っておくと、半月板以外のほかの部分の構造も痛めてしまいますから注意が必要です。

膝の痛みが続くようなら我慢せず、早めに診察してもらうといいでしょう。

 

 

関節痛の原因

関節は骨と骨の間の部部が痛むということですが、
体には顎関節、肩関節、肘関節、手関節、股関節、膝関節、足関節まであり、
いろんな原因で関節痛になると言えます。

私は若いころ、顎関節がすごく痛んで口が開けられなくなったことがありますが、
外科医に診てもらうと、「大きな口を開けて歌ったりするからだよ」と言われ、
抗生物質を数回飲んで治ったことがありました。

冬になって寝ているときに肩が冷えて、関節がずきずき痛むなんてこともあります。

この場合は温めてあげたら治ります。

五十肩で悩まれている方も少なくありません。
辛いらしいですね。

調べてみますと、五十肩とは一般的に診断不可能なものの病名の総称らしいですが、
同じ五十肩の症状が出ていても、関節痛の原因は違うようです。

外傷やスポーツ障害と言われる、体の使い過ぎが過去にあり、それが原因で起こる場合や、
癒着性関節包炎といって、中高年の特に女性に多い関節痛らしいですが、
痛みで夜が眠ることもできない症状にまでなることもあります。

こういうときに、無理に肩をぐるぐる動かしたりして治そうとすると、
かえって悪化しますので、しばらく様子を見てから少しずつ運動をするのがいいようです。

いずれの場合も、素人判断せずに、早めに医師に相談することで、
関節痛の原因を見つけられることでしょう。