半月板損傷の症状

膝の関節は、太ももからの骨と膝下の骨といわゆるお皿の骨から出来てますが、
足の骨の上と下をつなぐ繊維状の軟骨が半月板と呼ばれていて、
関節の安定感を良くし、太ももから上の体重をうまく受け止めて、
衝撃を吸収するクッションの役目をしています。

本当に人間の体ってうまく作られていますね。

その半月板が一部損傷した状態を半月板損傷といいます。

過度なスポーツで衝撃が加わったり、膝に変なひねりが入るとヒビが入ったり、
裂けたりすることもあります。

うさぎ跳びも要注意らしいですよ。

やはり、根性に任せたような体の扱いは、体のために良くないんですね。

膝がずきずき疼いたり(膝の疼痛)、水が溜まり大きく腫れたり(関節の腫脹)、
でこぼこ道を走っていたら急にガクッとなったりするとき(膝折れ現象)が、半月板損傷の症状と言えます。

また、膝がきしみ音や振動などを伴うなど、半月板損傷が進むと、
膝内部の骨の表面が滑らかでなくなり、痛み、水が溜まるなどの症状が出てきます。

放っておくと、半月板以外のほかの部分の構造も痛めてしまいますから注意が必要です。

膝の痛みが続くようなら我慢せず、早めに診察してもらうといいでしょう。