変形性関節症の原因

変形性関節症の原因は簡単に言うと、「年を取って体に潤滑がなくなる」ということでしょうか。

初期症状としては、立つときにちょっとした痛みが走ったりしますが、
このときは関節軟骨が痛んでいるようです。

それが、だんだん関節軟骨の磨耗、半月板の断裂、靭帯の損傷、障害などが重なることによって、
関節炎、そして水が溜まる膝関節症になるようです。

変形性関節症の原因には、中高年になってから若いころと同じように運動するというのも良くないそうです。

「まずは気合だ!」などと無理はしないほうがいいですね。

身近に防止できることは、やはりここでも「肥満」はいけないようです。

肥満になると、とくに膝関節への負担が大きくなります。

なかなかできませんが「毎日少し歩く」のがいいでしょうね。

適度な運動で体重も減るし、膝の筋力もつきます。

激しい労働、長時間の正座も変形性関節症の原因となりやすいようです。

激しいスポーツも良くないのですが、水泳や自転車は長時間でなければ良いようです。

水泳は全身を水の中でスムーズに動かすことのできる、まさに変形性関節症の良い予防法ですね!