関節痛に効く食品

よく薬に、「腰痛、痛風、関節痛、ヒザ痛、リュウマチなどに効く」
などと書いてあるものがありますが、効能書きを見てみると、
痛み止めという感じみたいで、関節痛そのものの原因を取り除いてくれるものではありません。

やはり食品から関節痛に効果があるものを日ごろから摂りたいですね。

関節痛に効くと思われる健康成分と食品にはこのようなものがあります。

・アルファリポ酸を含む食品・・・じゃがいも、トマト、ほうれん草、牛レバーなど
・グルコサミン・・・えび、かに、鶏の手羽先
・ブロメリン・・・パイナップル
・ヒアルロン酸・・・にわとりのとさか など
・フランバンジェノール・・・松の皮
・コンドロイチン・・・なめこ、オクラ、山芋、納豆、ふかひれ など

特によく最近注目されているのは、ヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸はもともと体内に含有されているのですが、水分を保持して、
うるおいをもたらす成分として知られています。

ところが、50歳も過ぎますと、体内のヒアルロン酸の量が激減していき、
そのことで体にうるおいが無くなり、関節痛もひどくなってくる要因になっています。

最近は健康食品でヒアルロン酸を手軽に摂れるものも開発されていますので、
関節痛の予防に良いかもしれませんね。